Top

Being the BLOG of a young man whose principal interests is PUNK. naoskull@excite.co.jp
カテゴリ
全体
初期衝動~はじめに
COLUMN
JOURNAL
MUSIC VOX
TRAVEL LITERATURE
MOVIE
NEWS
DJ set list
PUNCuisine
fuck the SPAM mail
NAO$KULLと愉快な仲間たち
町の匠~TAKUMI
告知
タグ
(165)
(128)
(121)
(112)
(54)
(51)
(41)
(41)
(34)
(33)
(26)
(19)
(18)
(18)
(16)
(11)
(9)
(9)
(9)
(8)
LINK・unity!
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
more...
最新のトラックバック
旅行関連新着ブログ紹介
from 高級旅館・高級ホテル宿泊予約
男の子の水着通販
from 男の子の水着通販
抜け毛 育毛剤
from 抜け毛 育毛剤
【タチウオ釣り大爆釣】あ..
from 太刀魚釣り名人、山口正信のタ..
ステキ♪コーチのギタース..
from ありましたっお洒落ギタースト..
アルバムのベスト10[2..
from NEW WAY.NEW LIFE
メバル釣り ポイント/ルアー
from メバル釣り ポイント/ルアー
鮎釣り必釣3つの理由とは?
from アユ釣りノウハウ満載!名人、..
『1泊3食2000円程度..
from ≪格安の宿≫
完全限定、日本で166人..
from プレミアム珈琲/山口珈琲店
ブログパーツ
Skypeボタン
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
またつまらぬものを見てしまった
a0019717_2372864.jpg”ゾンビキング”

ちょいと忙しくなるとコレだわ。
全然ココ書かない。

しかも今週いつもよりアクセス数おおいから申し分けねー

まぁあんま書くことないってのもあるけど。
また映画れびゅー

また借りちまったよ、アルバトロス
クセというか病気なんかな?一種の性癖のようなものみてーについつい借りてまう、アルバ

今回、何に魅かれたかというと、なんとこの映画ジョージ・A・ロメロが一枚噛んでる!
映画好き、ホラー好きなら誰でも知ってる方やけどまぁホラー映画界のRAMONESとかTHE CLASHみたいなもんよ。ジョージ・A・ロメロとかルチオ・フルチとか。

それだけでも俺はかなりソソラレル上にこのタイトルとジャケ。まるでハーフ顔でライダースジャケット着たカワイ子ちゃんに会ったみたいな衝撃だったから即レンタル。(しかもクソ映画のクセに準新作)

予告編とかココにあるけどナオスカ流超要約を施すとだな、つまりはゾンビVSプロレスラー!

延々、マスクという皮を被ったホーケー野郎共がゾンビ相手にプロレスしてます。
しかも最終ボスみたいなヤツもマスクかぶったゾンビ。

ストーリーもいたって稚拙。ゾンビの数もロメロにしては少ない(?)
しかしロメロの映画はゾンビというものがいて”当たり前”の世界を必ず描く。
ナントカウイルスが原因で町中にゾンビが.....とかの設定とか一切省くわけ。
むしろヒト、イヌ、ゾンビくらいの勢い。

しかもなんだかすごくゆる~いゾンビ達ばっかで怖いとこナシ。(まぁ俺はこの手の映画に”怖さ”などのエッセンスは求めてないけど)

予算不足か常にマスク被ったヤツ等がワオワオやってるのがだんだん腹たってきた。脱げよ!
ぶっちゃけ有名な俳優とか使わなくてええもんな?

見たことあるか?重要登場人物が終始マスク被ってる映画とか?
加えてそいつらがゾンビにプロレス技をお見舞いする展開とか?!

前のデッドマンソルジャーズよりはおもしろかったな。
サントラも中途半端なサーフガレージやB級パンクで中途半端に気になったし。

何度も言うけどアルバのジャケ手がけるヤツ天才よな?
ついつい借りたくなってまう衝動に駆られる。(マイノリティー?)






a0019717_324555.jpgそれと俺と同じ価値観の方に朗報。
以前、ゾンビVSヴァンパイアに関する記事書いたけど、同レヴェクソ映画が!

”プレスリーVSミイラ男”!

なんやねんそれ?プレスリーが生きていたという設定でもちろん武器はロックンロール。なんじゃろそりゃそりゃ?
まだ公開されてないからDVD化(もちアルバだな)されたら即見てみます。たぶんプレスリーに似てないと思うけど楽しみ☆


最近”俺の中でのB級の定義”がわからなくなってきた。
なんかオススメの映画教えてー

がんばれ!超B級ハンターNAO$KULL!!
by naoskull | 2006-09-30 02:59 | MOVIE
BUZZCOCKS来日レポ
a0019717_2141278.jpg先日、金曜BUZZCOCKSの来日ライブ行ってきた。
1977年ロンドンでデビューの説明不要、現存するリアルパンクじゃ間違いなく大御所。
当初、東京だけのライブの予定やったけど急遽、大阪でも公演が決定。さすがにこのときは飛び上がるほどうれしかったわ!

実は思い入れの大きいバンドでオレが所謂”パンク”の裾野を広げるキッカケとなったバンド。
もう6年近く前の話。

初めて聴いた時の衝撃は今でも忘れないな。そんなバンドの来日はホント大きい。逆に言えば最初で最後の可能性だってある。

頭ん中に”思い出があるうちに”と思ってライブレポを書き上げたかったけどなんか難しいなぁ。特に初めて行ったバンドのレポとなると。

最近になって気付いたけどライブの感想も”慣れ”ってヤツが後についてくる。
初めてみたバンドっていろいろ”初めて”の部分が多くてな。ノウミソがメモリーしにくいワケ。
ところが何回もライブ行ってると覚えるんよ。


今回のハコは梅田はSHANGRI-LA。このハコ俺好きね

客層は想像通りナゾかった。おそらく来るであろう”友達”も案の定来てた。
初めの3曲ほどは新譜からで聴き込みが足らなかったけど"I DON'T MIND"からは初めの頃の曲のオンパレード!さすがにやられちゃったわ。伝説を目の当たりにしてるって実感した。

なんつかーすげーオッサンやったけどまぎれもなく”パンク”そのもの。
頭ん中でピストルズやクラッシュと一緒してるんやな?とかいろいろ考えてみたり。
わすか1時間と、あっという間やったけど、とにかく行ってよかったって心底思ったな。
オーディエンスもかなりPOGOってたぞ!


なんか手抜きなレポやったけど言葉にするのはコレが精一杯。

あとなんとなく思ったことやったけどTHE DAMNEDってスゲーなって思った。
DAMNEDってワルの部分要素が際立つバンドやけど、今もそのワルの部分に衰えが全くない。普通、歳とったらどっかに”守り”とか”落ち着き”の部分ってのがチラつくけど、そんなトコない!
本当の意味で現役やった。

BUZZCOCKSも衰えが少ないけどダムドのそれには負ける。

まぁ元々”初めにラブソングをパンクロックで歌ったバンド”っていわれるくらいやからダムドと違ってワルの要素は少ないねんけどな。
by naoskull | 2006-09-24 02:34 | JOURNAL
ボクの夏休み(まとめと土産編)
今回、タイとマレーシアに行った。

ホントは香港行こうと思っていたけど飛行機に空きがなく急遽タイになったけどタイでよかっと思う。
タイはメシうまいし物価安いし治安もそれほど悪くない。
町も思っていたよりキレイやしバンコクに関して言えば大阪より都会。

チャイナタウンに連れて行かれそうになったけど助かった。
日常会話程度の英会話が出来たら問題なくすごせる国です。

それに世界遺産は死ぬまでに出来るだけたくさん見るべきやと思うな、最近特に。
(昨年のピラミッドで世界遺産に対する概念が変わった)

近いのもいいね。


マレーシアは内の家族(特にボルネオ島)はかなりハマってる。
来年も予定さえつけば行くつもり。

マレーシアも物価安いしメシもウマい。
何よりも人がいいのが。
豊富な自然もたまらなく好き。
しかも英語の通じる割合もアジア1じゃないかな?(タイはTAXIとかは全く通じず)

バリやフィリピンは日本人見たら
「金取ったれ」
って概念があると思うんよ。

ただマレーシアは去年に比べ中華系の人がかなり増えていた。
中国(特に上海)や台湾は今かなり景気がいいのが背景。

でっかい声でいいたくないけどかなりマナー悪かった。
割り込みとか当たり前やしバイキングでレンゲ落として割って、すかさずテーブルの下に足で蹴って隠したり。食事中も含め、とにかくマナー悪かった。
香港のネズミーランドも終わってるらしいな?割込上等!みたいな

エレベーターとか食事のマナーとか最低限のことは守れよ!と思ったわい。
しかも白人から見たら華系も日系も区別つかんから一緒なんよな?

ボルネオ島の観光客は華系が一番多くて
次点にオーストラリア人と日本人って感じやった。

帰りにオーストラリア人のハネムーン旅行のカップルと仲良くなった。
かなりいい人達やったけど、さすがは世界一のブス産出国。
カップルでかなりブサいくでした。(笑

また来年も行きてーな?



話変わってお土産の話。
クソの労働場では”オレが買ってくるお土産はマズい”
と評判。というのじょオレはマズそーなやつ選んでるんよ。S的発想?

a0019717_3512685.jpgスーパーで買ったドリアンスナック(30円ほど)。
果物の王様と謳われるドリアンはその強烈な臭いが故、東南アジア全般のホテル、飛行機に持ち込みが禁止されているほど。好きな人はハマるんかもしれへんけどとにかく臭い。
そんなドリアンの味がするこのスナック。期待を裏切らない臭いで封切った瞬間、数メートル先まで臭いが!食ったけどソッコー吐いてもた!結局、半分以上残ってゴミ箱行き。



a0019717_346359.jpgこれもスーパーで購入。まるで藤子F不二雄への冒涜とも思えるナゾなキャラが印象的で購入(18円)
チョコスナックやのに正露丸と段ボールを足して割ったようなナゾい味。
加えてナゾなおもちゃが付いていた。ナゾ

ほかもまともなモンかったけど書かねーよ!
by naoskull | 2006-09-19 03:49 | TRAVEL LITERATURE
久しぶりの映画レビュー
最近、旅行日記ばっかで飽き飽きしてたアホの民のために書きます。
土日めずらしくたいした予定がない
と、いうか先月の豪遊が故にここ数年でも類をみない金欠でございます。

a0019717_16173366.jpg”デッドマンソルジャーズ”
B級映画ハンターとして実は発売前からめちゃくちゃ気になってた映画。でも新作料金でかりるのもなんとなく。。。

しかも発売元はもちろんアルバトロス!オレくらいになるとジャケでアルバの映画ってわかるのよ。

まぁ簡単な話は第二次世界大戦の最中、ヒトラーは秘密裏に不死身のゾンビ平気を開発させていた、ってストーリー。
こっからはネタバレ含むけど(どーせ誰も見ねーし)最後はその兵器を開発した博士のとこへ行く。そのゾンビ兵士は博士が開発したクスリで不死身の肉体を得ていて、さらに強力なクスリを博士が開発したとほざく。そしてクライマックスで博士は自分にそのクスリを打ち込み自らが最強のゾンビへ変貌を遂げる。
それが強すぎてアメリカ兵も歯が立たなく最後はガタイええアメ公大尉が
「ここはオレがやるしかない」
と言ってそのクスリを打ち込みゾンビへと。
結果はお分かりの通り博士ゾンビとアメ公ゾンビが戦って終わり、みたいな

最後のくだりはかなり笑ったわ。

この映画なんとも中途半端。
戦争映画にしてもゾンビ映画にしても規模がショボショボ。

戦争映画やったら戦闘機や爆撃機がたくさんでてきてバンバン
戦車もたくさんに兵隊もどちらの軍も大量エキストラをもって撮影に挑むのが通例。

しかし、この映画は超低予算なのか
戦闘機はショボいCG(笑)やし
戦車は1台しかでない。
おまけに戦争シーンでは兵隊画面じゅう数え上げても20人未満。
森のなかで戦争ごっこしてる様はサバゲーサークルとなんら変わらない。
ストーリーも中途な上、脚本もスッカスカ。

ゾンビ映画ならフツーたくさん出てきてピンチ!ってシーンがつきものやけど
基本は1匹ずつで出てきても3人くらい。
そのゾンビもなんか時代錯誤な一昔前のメイクでギャーギャー言っとるし

極めつけはジャケに映ってる鬼気迫る”ヒトラー総帥”なんぞ一回も出てきてねー!
BGMもなさすぎてなんか静かな映画。迫力が全くなし。

B級にはあと一歩やったかな?
ちなみに英字タイトルは"HORRORS OF WAR" (?)

しっかしアルバの映画のセレクトはハイセンスすぎるな?
HPでストーリー見てもどれもクソの臭いがプンプンする。
ある意味で”アメリ”はミスレレクトやな?(この会社はアメリのお陰で名前が売れたみたいなもんって、話は有名ですが)
大体ジャケでだまされる。ジャケにかなり惹かれてしまうわけ。
これもたくさんゾンビ兵士出てきそうやのにアレじゃな?
AVもかなりジャケでだまされる男子がたくさんいるのと似てるな?

そんなアルバが大好きやねんけどな

a0019717_16542680.jpg”サウンド・オブ・サンダー”
これは一般人が借りそうなトコに大量にあった。
配給会社もアルバとちがってまともな会社

ストーリーは2055年、6500万年前にタイムスリップして恐竜ハンティングをする会社が出来て過去にあるものを持ち帰ったことにより未来が変わっちまう。
そして異様な進化を遂げた生物が襲ってきて
「こりゃ具合悪いわー」
ってことで過去にもどりなんやらかんやらでハッピーエンドって話。

ぱっとみ大衆A級映画に見せかけて実はB級すら及ばないクソ映画。
まずストーリーがしょーもなさすぎる。誰でも読める展開。
加えて一番の減点箇所はCGがヘボすぎる!NHKの特番かよ!
金がないのかバレバレのCG。10数年前の大ヒット映画”ジュラシックパーク”の方が断然スゴい。
なんか監督とかでいろいろイワク付きの映画らしいね?ホントやったらアルバが配給してもおかしくない映画やねんけど。

一番オレの中でなっとくいかなかったことは↓へ

かなりの余談でオレの独断(クリック!)
by naoskull | 2006-09-17 17:26 | MOVIE
ボクの夏休み(ボルネオ島、グルメ編)
a0019717_0285670.jpg
写真を含む旅日記の最後です。
グルメ編はかかせねーだろ

もっと食わせろーオメーー(クリック)
by naoskull | 2006-09-17 01:00 | TRAVEL LITERATURE
ボクの夏休み(ボルネオ島、SUN SET後編)
a0019717_2492060.jpg

オレの自己満足旅日記はまだ続きます。
上の写真は兄弟イチオシ写真。
(合成でもなくどっかのサイトから転載したんでもねーぞ!)

もっと見たーいってヤツ!(クリック)
by naoskull | 2006-09-14 02:57 | TRAVEL LITERATURE
ボクの夏休み(ボルネオ島、後編)
a0019717_15121040.jpg
ようやく旅行の日記も終わりへ向かってます
(写真はホテルのビーチ、あきひろ)

しゃーねーなー、見てやるよ(クリック)
by naoskull | 2006-09-13 15:30 | TRAVEL LITERATURE
ボクの夏休み(ボルネオ島、動物編)
a0019717_2594456.jpg
タイに引き続き動物愛するナヲスカルのアニモーピクチャーだす

大いにムツゴロうがよい!(クリック)
by naoskull | 2006-09-13 03:17 | TRAVEL LITERATURE
ボクの夏休み(ボルネオ島、SUN SET前編)
a0019717_238621.jpg
愛用のデジカメに使い慣れてきていろんな写真撮ってみた。

このサイトに似合わないのは承知で笑止(クリック)
by naoskull | 2006-09-12 02:55 | TRAVEL LITERATURE
ボクの夏休み(ボルネオ島、前編)
a0019717_1511491.jpg
昨晩、とりあえず写真の編集終わった。
編集だけで2時間近くかかったぜ?
写真撮りまくって400枚くらい。

それでは見てください。

まだまだこれからだー!(クリック)
by naoskull | 2006-09-11 15:57 | TRAVEL LITERATURE